国内最大級 やきものショッピングモール セラモール

常滑焼®の特長

常滑焼は日本六古窯のひとつ

古常滑焼とも言われる常滑焼の原型は、平安時代末期まで遡ることができ、日本六古窯のひとつに数えられています。平安時代には、仏教のお経を書いたものを入れて地中に埋め、ご利益を願うための経塚壺(きょうづかつぼ)が作られていました。
室町・安土桃山時代には茶の湯や生け花用品が主に作られ、江戸時代中期まではかめ、江戸時代末期からは、茶の湯や生け花用品に加えて暮らしの器が主な製品でした。そして明治時代からは、土管・洗面器や便器等の衛生陶器・タイル・植木鉢等も盛んに生産されました。豊富で良質な陶土に恵まれた産地ならではの、主力生産商品の移り変わりの歴史が、現在の幅広い商品構成につながっています。

常滑焼の特徴について

原料に含まれている鉄分を赤く発色させるのが特徴となっています。土肌を生かした製品、釉薬(ゆうやく)を施した製品等々、色々な製品が揃っています。

常滑焼の作り方

伝統的なろくろ、押し型、手ひねりといった形作りの方法で、大きなものから小さなものまで生産しています。原料となる陶土は粘り気があり粒子が細かいため、削ったり、磨いたりして形を作ることができます。こうした常滑焼ならではの技法を使った製品を数多く生産しています。

Facebook 随時更新中…